純烈 メンバー 白川裕二郎

テレビに舞台に!白川裕二郎の純烈に入るまでの活躍

投稿日:

純烈のメインボーカル白川裕二郎は、純烈に入る前

18歳から角界に入りましたが1年で引退し、その後芸能界入りしました。

芸能界に入ったきっかけは、お母さんから見せられた劇団のポスターだったようです。

Sponsored Link

純烈・白川裕二郎の舞台やテレビでの活躍をまとめました!

純烈・白川裕二郎のハリケンジャーでヒーローデビュー

相撲を辞めてからしばらくの間、

期間がありましたが「忍風戦隊ハリケンジャー」のカブトライジャー役でデビュー。

 

その時、事務所の2つ上の先輩が「ウルトラマンティガ」の隊員役に選ばれたのが悔しくて、

自分も絶対にヒーロー物に出たいと思い、ハリケンジャーのオーディションを受けたのです。

 

役名は霞一甲で、カブトライジャーの兄です。

 

最初はキザなタイプでしたが、次第に主人公たちと仲間として打ち解けあっていき、

ハリケンジャーと共に戦っていく役でした。

 

共演していた塩谷瞬等とともにイケメンヒーローブームを担っていったのです。

 

力士としては長続きはしなかったものの、

芸能界に入りスーパー戦隊シリーズに出演したことが成功の道につながっていったのですね。

 

 

純烈・白川裕二郎の俳優としての活躍

その後も純烈に入るまでに、俳優としてテレビドラマや舞台で活躍しています。

 

テレビドラマの代表作には、「17才・夏」のアキラ役や「牡丹と薔薇」の柏木雅也役、

また大河ドラマへも「功名が辻」「天地人」などに出演しています。

 

舞台では、2003年に「みにくいアヒルの子ーHONK」で主演のアグリィ役を演じて以来、

「新・夏の魔球」「妻への詫び状~作詞家星野哲郎物語」などに出演。

 

2009年には2作品の舞台で主演を務める活躍ぶりで、

2011年までに14作品の舞台に出演してきました。

 

テレビのバラエティでは、

元力士の経歴や筋トレが趣味ということもあり「スポーツマンNo.1決定戦」に5回出場。

 

初出場から総合2位という好成績でした。

 

出場したすべての大会でファイナル進出を果たす総合6位以上の実力で、

合計4回の種目別No.1の実績はすごいです。

 

他にもスポーツバラエティ番組では、

「ひらめ筋GOLD」にもSAMURAIヒーローズメンバーとして出演しています。

 

純烈のメンバーになってからは、メインボーカルとして、

マダムたちを中心に人気を誇っている白川裕二郎。

 

それまでに数々の困難を乗り越えて、テレビ番組や舞台などで活躍してきました。

 

純烈としてファンの前で見せる歌やダンスの素晴らしさは、

ここまでたどり着く経験が生かされているのではないでしょうか。

 

筋トレで鍛えてきたイケメンヒーローは、

これからも末永くスーパー銭湯アイドルとして活躍していくことでしょう。

Sponsored Link

-純烈 メンバー 白川裕二郎

Copyright© 純烈列伝~紅白出場へ!メンバー情報やスケジュール、スーパー銭湯やコンサートなど , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.